STUDIO LUMIERE  

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「 mooriyanが石磨き職人に? 」

d0154964_11192784.jpg

むかし、作家の森村 桂さん(「天国にいちばん近い島」などで有名)
のところで、ひと夏お世話になったことがありました。
軽井沢にある桂さんのお店を手伝いながら写真を撮るのです。
お店は軽井沢では有名?ですので、
軽井沢方面に出かけることがあったら行ってみて下さい。
お店の名前は「アリスの丘ティールーム」
名前どおり不思議な世界でした。

さて、ある日の休憩時間のことです。
スタッフでお茶を飲んでいると、桂さんが突如、
「あなた、写真なんかやめて石磨きの職人になりなさいよ。」と言う。
「はぁ?」「石を磨くのですか?」とまどう私に
「そう。」と、きっぱり答え、つづけてこう言うのです。
「わたしのところには、宝石の原石がいっぱい集まってくるの。
美しい宝石も原石のままだと、ただの石なの。
それを美しく磨く職人が要るのよ。」
「はあ…」返答をごまかしたいmooriyanに、
「そーよ。それがいいわよ。」と勢いよく迫る。
「どお?」と言われても、あまりに突然で、その場を
うやむやにきりぬけ、バックヤードに逃げ帰ると、
そこには、桂さんのご主人、M一郎さんがいました。
「気まぐれじゃろ。気にせんでええ。」という言葉を期待して、
桂さんから言われたことをそのまま話すと、
「お~、そりゃ、ええ。どうじゃ、やってみるか?」と
追い討ちをかけられ、しばらくの間、どうしたものかと
なやまされたことを思い出します。
何をもってそんなことを言いだしたのか今もってナゾです。
そんな話しも季節が変わるころにはどこかへと消えていました。
観光客がめっきりへり、軽井沢に静かな秋が訪れるころの思い出です。

桂さんも他界して久しく、お店に足が向くことも無くなり、
今では当時を懐かしむばかりです。
どうして私が「石磨き職人」なのか
ちゃんと聞いておけばよかったな…。

原石という、たとえはよくありますよね。
たしかに毎年、最初の授業のガイダンスで、
みなさんひとりひとりの顔を目にするとき、
きらきらした夢とか希望といったものを感じます
わざわざ磨かなくてもじゅうぶんと思う半面。
それぞれの個性や能力をもっと引き出すことができたら
と、いらぬ世話をやきたくなったりもします。
みなさんの撮ってくる写真の中にキラッと輝く
一枚を見つけると、本当に踊りだしたくなります。

「ほら、だから言ったじゃない。」
桂さんの声が聞こえてきそうです。

d0154964_11211479.jpg

焼きあがったばかりの桂さんお手製チョコレートマーブル?ケーキ。
「寒がりプーさんの冬ごもり」
(「プーさん」は桂さんの愛猫の名前です。)
桂さんの手作りのケーキは、もう食べることが出来ませんが、
スタッフのみなさんが、お店とともにその味を守っておられるようです。
[PR]
by mooriyan | 2011-11-29 11:33 | mooriyan

「 未来がやってきた 」

d0154964_7134275.jpg

最近は朝 めざめるのが早くなりました(^_^;)
(皆さんも、2?年後にはわかるでしょうが)
早起きすると不思議な光景を目にすることがあります。
(ねぼけてしまった。という意味でなく)
西の空の朝焼けが、夕焼けのように…
太陽は東から射しているのに…。
と、言ってもわかりにくいですよね。
これはある種の職業病かもしれません。
トリックアートのようでもあります。

コーヒーをいれながら、J-WAVEを聴いていると、
「未来とは?」と聞かれた、トランペット奏者マイルス・デイビスが、
「俺の未来というのは、毎朝起きた時にはじまる。
めざめて、光が差すのを目にした時が、すべての始まりだ。」
と、答えたエピソードを、紹介していました。

「あたりまえじゃん…」 と、ラジオに合いの手をいれ、
ズルズルとコーヒーをすすりながら「んっ?」と、思い、
「なるほど、なるほど…」と、一人ガテン。
傍から見ていると実に分かりにくい光景でしょうね。
皆さんは未来を、朝をどんな風にむかえていますか?
今日一日が素晴らしい日になりますように。いってらっしゃい。
[PR]
by mooriyan | 2011-11-21 07:15 | mooriyan

「 ちょっと浅く!ちょっと広く! 」

芥川賞作家「開高 健」の作品に「もっと遠く!もっと広く!」があります。
文豪には釣りを愛する人が多いようで、開高さんも釣りに対する傾倒は
深く、自分の作品、ライフワークにしてしまう。
「もっと遠く!もっと広く!」は釣りをモチーフに文字通り、
遠く!どこまでも、
広く!自分を中心に360度どこまでも、世界をかけめぐる。

文豪ならではの表現力で「釣り」のおもしろさを味あわせてくれます。
ものを書く仕事をしている人は、物事をよく知っていることに感心させられます。
もちろん、知りたいという好奇心もあるでしょうが
「書いて伝える」為には、ある程度深いところまで調べることになるのだと思います。
「もっと深く!もっと広く!」なのでしょうか。
みなさんは大変な世界を目指しているのかもしれません。

一方、写真を撮る上では、「そんなに深入りしなくていいんだよ」
という話しがあります。とにかく広く、浅く知っていることが重要で
深さは、ほどほどに ということらしいのです。
写真は、深い世界への入口に建つ「道しるべ」のようなもので、
写真一枚で、ものごとすべてを語り尽す必要は無く、ものごとへのきっかけとして、
あとは見る人、受け手にゆだねる。
そう言う考え方もアリでしょう。
「ちょっと浅く!ちょっと広く!」
多くのものに出会いに行く、多くのものを見に行く為の
ツールとして、写真という行為を上手く使ってみてください。

もちろん、まったく反対に、より専門的に、ある分野やテーマを
深く探求することもまた写真の醍醐味ではあります。
念のため。
d0154964_9292294.jpg

上京して間もないころ、新宿の書店で、レジかと思って並んだら
その先に開高 健が? 
「開高さん、サインするの面倒くさそうだな。
ファンサービスも大変だ…」などと思いつつも、予定外の豪華本を買い、
しっかりサインをもらって、きました。

d0154964_9301461.jpg

写真を担当した、つるつる頭の写真家 髙橋 昇さんが
一緒にサインしていましたが、ニコニコと、とても愛想が良かったのは
対照的で印象に残っています。
[PR]
by mooriyan | 2011-11-17 09:34 | mooriyan

「 オリンパスのこと 」

d0154964_9561014.jpg

とうとうトップニュースにまでなってしまった
「オリンパスの不正事件」
皆さんには「あおいちゃんのカメラ」で親しまれるカメラメーカー。
世間では医療機器、顕微鏡、カメラなどで有名。
なんでこのようなことになってしまったのか、
オリンパスファンには心底残念です。
個人的に、知り合いの多い会社でもあり、
優秀な技術者や今回のことに関係のない社員の皆さんが
不安な日々を送っていることを思うと、いたたまれません。

オリンパスのカメラには
清潔感とか、やさしさといったイメージをもっています。
かといって決して華奢な、こわれやすいものではない。
さすがに報道の現場につれていくことはなかったのですが、
性能的にはスパルタンな状況にも充分耐え得る機械だと思います。

写真のカメラは友人からの預かりものです。
友人は大手新聞社の写真部でデスクを務めています。
現役時代は機関銃のようなカメラをブンブンふりまわしていましたが、
彼の学生時代の愛機はこのオリンパスでした。
カメラ占いではありませんが、その人が選ぶカメラで
その人の人となりがなんとなくわかるものです。
オリンパスユーザーに自然を愛するネイチャーフォトグラファーが
多いのもなにかうなずけるものがあります。
カメラのサービスステーションの方も、とても親切でフレンドリーでした。
このカメラを点検にだした時に、戻ってきたカメラに
出した時には付いていなかったストラップが付けられていたので
「あれ、これは?」と受付の人に問うと、
「付けておきました。これですぐ写真とれるでしょ」とのことでした。
なんかジーンと来たことをいまだにおぼえています。
「写真が好きな人が、カメラの仕事をしている」良い会社だな…と。

そんな、思い出、イメージがこわされて消え去ることのないようにと
願うばかりです。
[PR]
by mooriyan | 2011-11-09 09:59 | mooriyan

「 第9回 写真表現写真展 」

先月29日、30日の学園祭で、写真表現クラスの
写真展を開催しました。準備作業の告知が直前になり、
参加できなかった皆さん、本当にごめんなさい。
そして、他にも作業がある中、手伝ってくれた皆さん、
ありがとう!たすかりました。
d0154964_8361963.jpg

手伝ってくれた人たちの作業を見ながら、
やっぱり、私が一方的に準備したものより
「活きいきとしていて良いな」と感じました。
わたしが、やると「体裁」は良いのですが、
何か面白みにかけてしまうのです…
今年の写真展は個人的に嬉しい写真展でした。
次回からは、もっと皆さんにまかせてしまおうかな。

d0154964_8372742.jpg

d0154964_8381235.jpg

64Yさんは自腹で、大伸ばしプリントを持参
レイアウトやポップにもこだわりをもって
仕上げてくれました。たのもしく思いましたヨ。
スポーツ大会のレポートもうまい具合にできていました。


それと、41Hさん、仕事が忙しい中、来てくれたのに
希望通りの内容になっていなくて申し訳ありませんでした。
これは、私も大いに反省しております。
山本先生に無理を言って、焼きなおしていただきましたが
うまく展示できましたか?
「私はこうしたい」という意見と指摘、
嬉しかったです。もっと早くから打合せが出来れば良かったですね。
mooriyan、タルんでいました。肝に銘じます。



展示はこんな感じでした。
d0154964_8393028.jpg

19Kさん、02Aさん
挨拶文を突然おねがいしましたが
いい具合にまとめていただきました。
私の部分は、ちょっと恥ずかしい…。

d0154964_8395216.jpg

d0154964_840579.jpg

d0154964_840196.jpg

d0154964_8433410.jpg

d0154964_843454.jpg

d0154964_8435687.jpg

d0154964_8451488.jpg

d0154964_8452738.jpg

d0154964_8454285.jpg

d0154964_8455877.jpg

準備作業のアシストとメンタルケアをしてくださる、
I先生、作業で疲れた人の間をとびまわり、
アメやチョコを配ってくださいます。
ごちそうさまでした!

そして、いつもながらですが、手数をかけまくり、
おまけに、撤収がおわってから、撤収日に気が付くしまつで…
山本先生や実行委員の方々には、本当に申し訳ありませんでした。
[PR]
by mooriyan | 2011-11-06 08:49 | mooriyan