STUDIO LUMIERE  

「 作品評やってます その③ 」

301027CHさん
d0154964_2301723.jpg

d0154964_2303694.jpg

見慣れた景色ですが、セピア調のフィルターがかかると、
どこか別の街角を見ているようです。

301064Tさん
d0154964_2312745.jpg

「おっ、美味そうな定食だね。」
「テイショクじゃ~なくて、ランチです。ヘルシーランチ。」
「そ、そりゃ悪かった。ところでごはんは麦飯だね。」
「そうです。ムギメシです。」
「麦飯はムギメシでいいんかい?」
「麦飯はムギメシでいいんです。」
テイショクが×でムギメシは○なのが、オジサン的にはとても不思議でした。
おもしろいですね。

d0154964_2315443.jpg

「おっ、グリコのオーレ。このシリーズはおいしいよね。」
「この、いちごオーレすごくおいしいんです。」
「とちおとめねぇ~。」
と、お昼ご飯なのか、おやつなのか、カロリーメイトを…
「それ、飲み物なしで食べられるの?」
「ぜんぜん大丈夫です。このチョコレート味おいしいんです。」
「わかる、わかる。私も同じものをカバンに入れてるよ。」
「ただ、飲み物なしってのはつらいナ~」
「?」
Tさんも何十年後かにはわかってくれるかな…。

d0154964_2324869.jpg

「おっ、アップルパイかな?」
「そうです。」
「アイスクリームにシナモンかぁ~」
「シナモン、私は好きなんですけど、一緒にいた友達が嫌いで…もう、
すごいいっぱいかかってて。」
「そりゃ、ざんねん。ダメな人もいるんだね。」
と、前菜はこのあたりで。
メインはこんな感じです。
d0154964_2312586.jpg

d0154964_2312244.jpg

d0154964_23124615.jpg

d0154964_23132033.jpg

d0154964_23134767.jpg



d0154964_23143578.jpg

d0154964_23145267.jpg

d0154964_23151122.jpg


d0154964_081516.jpg

d0154964_083262.jpg

d0154964_08445.jpg

d0154964_085786.jpg

d0154964_091357.jpg

Tさんが、いいなと思うのは「写真を撮るぞ」というリキミみたいなものが無く、自然体
で、素直に自分の好きなモノを撮っているところ。本人が思ってる?以上に、撮影セン
スがあると思います。こういう写真もっと見てみたいなぁ。

301070Nさん
d0154964_23172073.jpg

良い雰囲気ですね。ちゃんと写りますね。たいしたもんだ。

d0154964_23174722.jpg

早く梅雨開けしないかな…こういう空が見たいです。

301097Yさん
d0154964_2318478.png

d0154964_23182041.png

Yさんの作品はどれも安心して見ることができます。
同業の友人と互いのプライベート写真を見ていた時、彼が、ふと、
「やっぱり写真家の撮る写真はプライベート写真も安心して見れるよな~」
などと言い出しました。言われてみれば確かに。
「ひょっとして、俺たちって上手?」そう言いながら苦笑したのを思い出します。
そうです。プロが下手では困るのです。上手いのは決して悪いことでありません。
大いに自信を持って良いのです。ただ、上手いことで、何か既存のモノの
リファインやトレースに陥りやすいのも事実でしょう。
「上手い!」だけで終わらせない。それは本当に難しいんですけどね。

301059Sさん
d0154964_23185285.jpg

d0154964_23193223.jpg

d0154964_2323836.jpg

どうしても好きな写真というものがあります。
困ったことに一般的にはペケな、ブレ、ボケ、オーバー(明るすぎ)、アンダー(暗すぎ)
など、いわゆる失敗と言われるたぐいのモノのなかにそれを見出すことが多いのです。
そんな言われ方をされるとビミョウ…ですね。
1枚目はどこにもピントがきていません。それがいいのです。ドンピシャのピントだったら
きっと凡庸な写真です。これ以上ボケても、少しだけシャープでもおもしろくない。
2枚目も「ピントのあまい写真」と片づけられそうですが、この不思議な空気感はとても素
通りはできません。右奥の女の子の存在感は圧倒的です。この写真もシャープなピントだ
ったら、それほど気にはとまらないのです。そして3枚目。ゲージの中の子犬でしょうか。
撮影者の目をとおして、とても愛しい思いが、わき起こります。これもまたシャープでな
いことが要因でしょう。「撮影者の思いが先行するあまり、ワザの方がついていけなかった。
思いありきの写真。」そんな勝手な解釈です。好き嫌いついでに言うなら、切れるようなシ
ャープなピントでも、あふれんばかりのグラデーションと質感でも、撮る側の興味や表現
への情熱のようなものを感じられない写真はあまり好きにはなれません。
皮肉なことに自分が、自分の言う「好みの写真」を撮っているかというと、
まる反対だったりするので、無いものねだりなのかもしれません。

301022Kさん
d0154964_23233415.jpg

この作品とても好きです。
ジブリのアニメのワンシーンのようでもあり…
贅沢をいうならもう少しだけ、低いアングルからも見せてもらいたかったかな。
それにしても植物の生命力ってすごいですね。

d0154964_2324171.jpg

年をとっても仲良く…だと良いのですが。

若いころはデートで手をつないだり、腕を組んでみたり、
見ていてちょっと恥ずかしいけど、いいもんだな…って。
先日、人込みで家内が腕をつかんできたので「あれっ♡」と
淡い期待をしたら「勝手にそっちいかないの!」と、いうことでした。
この写真のお二人はどっちかな…。

d0154964_232444100.jpg

最近はいろんなアジサイを見かけます。
ハイドランジアなんて外人さんのような呼ばれ方をしたりもしますが、
アジサイは日本が原産。そう言えばあの大きくて立派なカサブランカというユリの花も
日本のヤマユリが原種だとか。
[PR]
by mooriyan | 2015-07-04 23:31 | mooriyan