STUDIO LUMIERE  

「 作品評やってます その② 」

授業ではできなかった個々の細かな補足をしたいと思います。
様々な加工を施した作例を載せますが、文章を含め、
決して「こうしなさい」というものではありません。
ここで記したことが、今後の撮影の参考になれば幸いです。

301107Fさん
d0154964_12351382.jpg

d0154964_12352865.jpg

上の2枚、言うことなし。
このクオリティーとモチベーションで枚数がそろえば写真展や写真集も!


d0154964_12355520.jpg

こうしたモチーフはやはり正面からトライしてみたくなります。


d0154964_12361958.jpg

画面右側の植栽のボリュームを削って2人の人物を強調するか、
その場の空気感の為に生かすか、これは作家の意図と好み。


d0154964_12364563.jpg

パースを修正してシャドウを明るくし、逆に空の明るさを落としてみましたが、
オリジナルが持つ空気感を損なうかもしれませんね。


d0154964_12371918.jpg

これまた微妙で重箱の隅をつつくことになるかもしれませんが、
垂直水平の修正と天の照明をカットして視線が人物に集中するようにしました。


d0154964_12373394.jpg

最近のカメラは暗い場所でも驚くほど明るく写します。
(そういえばSONYがものすごいカメラを売り出しますね)
暗い場所で昼間のように明るい写真を撮れるのは、単純に記録という意味では
すばらしいのですが、表現の上では、人がうまくコントロールしないと、
違和感のある写真になるのかもしれません。かつて小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が
指摘したように、すみずみまで明るく照らし出されることで、暗闇が無くなることで、
逆に見えなくなるものが、あるのかも知れません。


301070Nさん
d0154964_1238571.jpg

この季節ならでは。いいですね。
Nさんの作品もっと見たいな…


301092Hさん
d0154964_12382571.jpg

Hさんの作品はどれも、爽快です。
海とか、空とか。取り合わせもユニーク。
で、この度の「カメとジョシ」
なんで?と思いながらも、なんかいいんだな~。


301100Lさん
モノクロならではの作品です。
d0154964_1239378.jpg

とても不思議な写真です。鳩の存在感を強調するために、
鳩以外の背景の明るさを暗く落とし、さらに右下に目を奪われないようにするために
黒く焼き込んでみました。
d0154964_12392999.jpg

海、空、江ノ電、ランナー、サーファーと多くのモノが写っているのですが
見る者には、どこから見たらよいのか迷い、注意が散漫になります。
そこで思い切ってトリミングし、視線の誘導をしてみました。
d0154964_12394413.jpg

これは、本当に好みの問題。
この1枚だけなら、私もLさんのオリジナルが好きですが、
3枚並べた時のバランスで考えると全体に明るくしたものも一考の価値はあるかと。


301055Sさん
d0154964_1240693.jpg

やったね~。こういうの個人的にとても好きです。
パワーフォトですよね。私小説のようでもあり、
ごちそうさまでした。


301032Kさん
d0154964_12403959.jpg

d0154964_12405681.jpg

独特なトーンで、不思議な雰囲気の作品になっています。
以前の作品も同じトーンのものがあり、それが「Kさんらしい」
作品として印象に残っています。スクエア(正方形)の写真であることも
効果的だと思います。フィルム世代の私などは「6×6フォーマット」の作家たちの
作品がオーバーラップします。
私自身も最近はコンパクトデジカメのスクエアフォーマットでばかり撮っています。
理由は「縦位置横位置のかまえ直しが面倒くさい」というなまぐさなものですが…


301027CHさん
d0154964_12412136.jpg

キウリ、順調なのかな?
ところで、鉢変わった?


お・ま・け
d0154964_12414160.jpg

301103Mさんへ
名札をつくってくれて、ありがとー。
すっかりなじんで、忘れて、そのまま、
街を歩き回り、電車に乗り、家まで帰りました。
気づいた人は「もーりー」は何をしている人か気になったでしょうね。
[PR]
by mooriyan | 2015-06-27 12:49 | mooriyan