STUDIO LUMIERE  

「 見えなくなる世界 」

d0154964_9274956.jpg

昨年末は次々とトラブルに見舞われ、
へこみました…。
新年に持ち越してはいけないと右往左往し、
なんとか心機一転、新年をむかえ、遅ればせながら
ブログの更新をと思った矢先に、
世の中は大変な事になってしまいました。
後藤さん、湯川さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

この事件をきっかけに、
ジャーナリストを含め、紛争の利害に係らない
第三者がしめだされ、そこで何が起こっているのかまったく分からない。
やられたら、やりかえす。「誰も見ていなければ、何をしてもかまわない。」
そんな恐ろしいことにならなければ良いのですが…

後藤さんのようなジャーナリストを失うのは、
世界の人々が目を失うようなものです。こうして
世界は次第に見えにくくなって行くのかも知れません。
生身のジャーナリストが赴くには、あまりにも危険な状況になりました。
これからどうしたら良いのか。後進たちの為にも
後藤さんには生きて還って欲しかった。そう思います。

国際社会の一員になることは
こうした厳しい現実と、だき合わせでなければならないのでしょうか。
これからの未来を生きる若いみなさんが、何らかの不安を
突きつけられたり、危険にさらされる。それも仕方のないことなのでしょうか。
世界が全く見えなくなる前に、いま一度よく考えてみて欲しいと思います。
イメージしてみて欲しいと思います。
d0154964_9281325.jpg

[PR]
by mooriyan | 2015-02-03 09:30 | mooriyan