STUDIO LUMIERE  

「 ワンダフルライフ 」

スナップ写真に取り組む時、気になるのが肖像権です。
街角で写真を撮っていると、たまにですが、
「勝手に撮らないでください。」と詰め寄ってくる人がいます。
こちらは、その人を撮っていたわけではなく、
そう訴えられると面食らうわけですが、ここで
「別にあなたを撮ってたわけじゃありません!
ちょっと自意識過剰じゃないですか!!」なんて、やってしまうと
こじれにこじれて、とても面倒なことになります。
状況にもよるでしょうが、ひとまず不快な思いをさせたことを陳謝し
理解を求めるのが無難?なところです。
d0154964_7593970.jpg

上の写真のように、多くの人が写りこんでいると、どの人(だけでなく犬や猫も)
が肖像権を主張しても不思議ありません。
だからといって臆病になって始めから撮らないのはあまりにも残念です。
要は、撮り方、接し方の問題だと思います。撮る側に悪意があったり、
何が悪い!と力んでたりするとそれは必ずと言って良いほど相手に伝わってしまいます。
「撮らせてもらってる」という意識をもち、どんな状況であろうと相手を尊重し、
相手が嫌がることはしない。大切なのは法律だの権利だのではなく、モラルやマナー。
素晴らしい写真は、それ以前に、よいコミュニケーションがあってこそ。
難しいことですが、ワンダフルライフのためにも、トライしていきましょう。
[PR]
by mooriyan | 2012-04-06 08:02 | mooriyan