STUDIO LUMIERE  

「 卒業制作にむけて 」

さて、もう7月。
卒業制作は進んでいますか?
大テーマは、「音楽、人と人との心のつながり」でしたか?
それを、前期残りの3回の授業で、いろいろと考え、トライしてみたいと思います。
まず、「写真は目に見えないものは写らない」と考えてください。
今回みなさんが取り組むテーマのなかで
「きずな、愛、こころ、信じる」といったキーワードは、
「この写真の花が、ひまわりという花です」というようにストレートには写らない。
それを、金子みすずではありませんが「見えないけれど、あるんだよ」と、
写真で言うためには、実際に見えるものをうまく使って
人の目を、脳みそを、こころを誘導しなければなりません。
乱暴な言い方をするなら、「だます」ことかもしれません。
前置きが長くなりましたが、実習は、
まず、連想ゲームからはじめましょう。
たとえば「愛」この言葉から連想できる、
しかも、目でみることのできる材料をみんなで考えましょう。
そして、今回はあまり深く考えず、とにかく、たくさんの写真を撮りましょう。
d0154964_10112780.jpg
ちょっと前に、流行りましたね。これはあまりに短絡的ですが、「なし」ではないと思います。
こどものへ理屈と、かたづけない。要は最終的に写真になっていることがポイント。
ここでは大人でなくてOK。大人になっての作業は編集会議で。



もうひとつ、おまけに「写真原稿の仕上げ」について少しだけお話しします。
では、7月最初の教室に元気な顔がそろうことを楽しみにしています。
[PR]
by mooriyan | 2011-07-01 09:59 | mooriyan